九星気学も基準寳暦をご利用下さい。
  

基準寳暦のご案内

九星気学の運勢の観方


九星気学入門

 

   

 九星気学では、本命と月命による運命や、その年・月・日の九星による、時の運勢を見ます。

 

 

 

傾斜観法
 

 生まれ月の九星盤で、本命(生まれ年の九星)のある宮によって、8つの傾斜に分類します。

 本命と月命が同じ九星の人は、

 本命一白・月命一白=離宮傾斜
 本命二黒・月命二黒=乾宮傾斜
 本命三碧・月命三碧=巽宮傾斜
 本命四緑・月命四緑=震宮傾斜
 本命五黄・月命五黄=
 男は兌宮傾斜・女は乾宮傾斜
 本命六白・月命六白=坤宮傾斜
 本命七赤・月命七赤=艮宮傾斜
 本命八白・月命八白=兌宮傾斜
 本命九紫・月命九紫=坎宮傾斜

となります。基準宝暦P159をお読み下さい。

 

   

 例・・・本命八白・月命六白の人は、月命の六白が中宮の盤では、本命の八白は西の兌宮にあり、兌宮傾斜。

 

傾斜一覧表

   
方角 傾 斜 (生まれ年の九星)本命 ノ 月命(生まれ月の九星)
(しん)宮傾斜 一ノ三 二ノ四 三ノ五 四ノ六 五ノ七 六ノ八 七ノ九 八ノ一 九ノ二 四ノ四  
南東 (そん)宮傾斜 一ノ二 二ノ三 三ノ四 四ノ五 五ノ六 六ノ七 七ノ八 八ノ九 九ノ一 三ノ三  
(り)宮傾斜 一ノ六 二ノ七 三ノ八 四ノ九 五ノ一 六ノ二 七ノ三 八ノ四 九ノ五 一ノ一  
南西 (こん)宮傾斜 一ノ四 二ノ五 三ノ六 四ノ七 五ノ八 六ノ九 七ノ一 八ノ二 九ノ三 六ノ六  
西 (だ)宮傾斜 一ノ八 二ノ九 三ノ一 四ノ二 五ノ三 六ノ四 七ノ五 八ノ六 九ノ七 八ノ八 男五ノ五
北西 (けん)宮傾斜 一ノ九 二ノ一 三ノ二 四ノ三 五ノ四 六ノ五 七ノ六 八ノ七 九ノ八 二ノ二 女五ノ五
(かん)宮傾斜 一ノ五 二ノ六 三ノ七 四ノ八 五ノ九 六ノ一 七ノ二 八ノ三 九ノ四 九ノ九  
北東 (ごん)宮傾斜 一ノ七 二ノ八 三ノ九 四ノ一 五ノ二 六ノ三 七ノ四 八ノ五 九ノ六 七ノ七  
         
     各傾斜に付いては基準宝暦P159〜P160をお読み下さい。

 

同会・被同会

 

       

 九星気学では、その時の運勢を観るのに、同会・被同会と言う方法があります。

 年運は、後天定位盤と年盤の同会・被同会を見ます。
 年盤で、本命がめぐって来ている宮が、後天定位盤で、どの九星か同会しているかを見ます。
 また、後天定位盤で、本命の宮に、年盤で、どの九星が被同会しているかを見ます。

 月運は、年盤と月盤
 日運は、月盤と日盤
との同会・被同会を見ます。

 同会・被同会した、宮と九星により運勢を観ます。また、同会は自発的行動が働き、被同会は他動的に起こると観ます。

 

 例えば、一白の年、本命が八白の人は、本命の八白が東の震宮にあり、後天定位盤の震宮三壁と同会している。
 後天定位盤で、本命の八白は艮宮にあり、年盤の艮宮四緑と被同会している。

 

         
         

九星気学の基礎

<  > 九星気学の方位の観方